company

技術開発への取り組み

私たちは創業以来培ってきた材料技術に磨きをかけ、更に新たな技術開発の強化を図ることによって、お客様の潜在的なご要求を具現化するための製品をご提案いたします。ご提案させていただいた製品をお客様とのコラボレーションにより、次代の変化を能動的にリードする製品開発を実現し、新しい技術価値の創造に貢献してまいります。

お客様・ナミックス 相互繁栄のために・・・→技術の融合→新しい技術価値の想像

開発コンセプト

私たちは、材料(絶縁・導電)技術とプロセス(配合・分散)技術の両コア技術にシミュレーション(材料・構造解析)技術を活用し、SEEDS(S:半導体、E:環境、E:エネルギー、D:デバイス、S:システム)の5つの成長分野へ次の世代をリードする高品質な先端材料を展開します。

S semisemiconductor 半導体

  • ダイアタッチ材(Die Attach materials)
  • 半導体用封止材(Capillary Flow UF)

E environment 環境

  • 低温/UV硬化型接着材
    (Low-temperature / UV Light Curing Adhesive)
  • 低温焼成型電極材
    (Low-temperature Sintered Paste for Terminal Electrodes)

E energy エネルギー

  • 太陽電池用電極材(Electrode materials for PV)
  • パワーモジュール用材料(Materials for power modules)

D device デバイス

  • 各種モジュール用接着剤(Adhesives for various modules)

S system システム

  • 複合材料『顧客の仕様・プロセスメリットを考慮した材料』
    (Compound Material : A customer’s specification and process merits are considered.)

ナミックスの技術

私たちは、材料・プロセス・評価技術を基盤とし、それらで構築した技術を基に導電材料・絶縁材料・フィルム材料の開発に展開しております。これらで開発された材料を、電子部品、半導体、デバイス、エネルギー、環境の分野のお客様に提案し、より良いものづくりを目指しています。

環境・半導体・電子部品・デバイス・エネルギー 技術力

評価解析

最近の高度・多様化する新製品の開発や品質確保及び保証のためには、評価解析技術力の向上が不可欠です。
私たちは原材料から製品にいたるまでの各種分析評価を、 最新鋭の分析装置の積極的な導入と共に実施しています。
お客様の使いやすさを考慮し、信頼していただけるものづくりを実現するために、耐久試験や評価装置/統計的手法による解析及びシミュレーション利用による不良解析も実施し、品質向上に努めています。

原材料分析→製品設計試作・シミュレーション→製品状態評価→製品完成度評価(耐久信頼性評価)

産学官連携

『新しいビジネスの創造・・・産学官連携による共同研究の推進』
当社の売上高の約40%は、近年開発された『新製品』によるものです。これは、常に新たなニーズが生まれ続け、私たちもそれに応えるべく、企画・提案し、新製品を世に送り続けているからにほかなりません。
また、全国のさまざなま大学、あるいは公的機関と共同で、ハンダ代替接着剤や、結晶シリコン太陽電池用銅ペーストの実用化などの研究・開発に取り組み、すでに実績を上げています。

産学官共同研究

Challenging for Change with Every Opportunity!