ナミックスの会社情報

CSRへの取り組み

 

社会的責任(CSR)の遵守

私たち一人ひとりが社会的責任意識の高い市民として行動することは、当社が健全で継続的に発展するプロセスとして重要です。私たちは徹底的な環境保全やグローバルな供給体制、企業活動全般のコンプライアンス、社会的倫理等に適合した行動など、あらゆる企業活動の場面においてCSRを重視すると共に、継続的に見直し、レベルアップに努めていきます。

トップメッセージ

企業理念体系図企業理念として掲げる「創造と革新により、すべての人の幸福と自然の繁栄を実現する」、また、経営基本方針である「エレクトロケミカル材料分野において『オンリーワン』『ナンバーワン』企業となる」を経営ベクトルの普遍的な柱と位置付けています。また、市場環境・内部環境の変化を的確に捉え判断と行動を行うべく、3カ年を基本単位とした中期経営方針を設定、経営ベクトルの普遍性と変化への対応視点を明快に理解・共有しています。個人および集団としての行動指針(「自立・自動・自助」、
「NAMICS WAY」)を踏まえ、継続的で力強い成長を実現していくと共にCSR活動の対象・目標・推進体制をタイムリーに見直すことに留意し、そのレベルアップに努めていくこと、これこそが当社の掲げる、社会への貢献と考えます。

スマートフォンやタブレットPCは、社会インフラといえるものになってきました。車載分野についてもセンサーなど様々な電子部品が搭載され、安全性の面から厳しい環境にも耐えられる当社の高性能材料が使われています。機能の高い商品の供給を通じて省電力・省エネルギー・小型化、高性能化に寄与しています。

これからもエレクトロケミカル市場は大きく広がり、自動車分野ではより安全に、より環境にやさしく、エネルギー分野では限られた資源や環境問題の解決に貢献します。

このような事業を通じた社会への貢献に加えて、持続可能な社会を実現するためには、環境問題、人権問題など、解決すべき課題が世界にはまだ多くあります。
当社でもEICC基準に則り、紛争地域の鉱物資源問題の解決についても早くから対応を進めて参りました。
また、当社はグローバルに事業を展開するにあたり、グローバルな人財の育成にも力を入れています。多様なバックグラウンドや価値観を尊重し、国内外の拠点で人財交流を行うとともに企業理念や目指す方向性をグローバルに共有し、社会に対して最良の価値を提供するため、グローバル企業の実現に向けた様々な取り組みを行っています。
例えば、海外の代理店と定期的なミーティングやWeb・電話会議を通じて情報の交換、交流を図り、また、広い視野で世界と向き合う能力の強化として語学教育を積極的に行っています。
世界へ向けた供給の継続性も大きな課題のひとつと捉え、災害時などの緊急時においても安定した製品供給を行うため、海外での生産拠点を拡充し、事業展開する国内外のどの国や地域にあっても、企業理念・経営基本方針をもとに事業運営を行っています。

売り上げの7割が海外である企業ではありますが、地域社会と共に持続的な成長が可能となるよう有形無形の取り組みを進めており、青少年育成活動、地元新潟まつりへの参加を積極的に行い、さらに地元スポーツクラブへの協賛などを通して、地域貢献活動にも力を注いでいます。
以上は一例ではありますが、なにより当社自身が健全で継続的に事業活動を行うことにより、地域社会との共存共栄を図り、社会の発展に寄与していくことを推進して参ります。

今後も、事業・製品を通じた社会全体への貢献を行いながら、新潟をはじめ各拠点のある地域社会においても認めて頂けるような活動を進めていく所存です。


 

■事業を通じた社会貢献

・社会的に有為な製品・サービスを、品質・安全・環境負荷に十分配慮して安定的に提供する
・事業活動の展開は、国際社会、地域社会の文化や慣習を尊重し、その発展に貢献する

■コンプライアンス

・関係法令、社内規定を遵守した企業行動を徹底する
・公正・自由な競争・取引を行い、政治・行政・市民および諸団体との健全な関係を維持する
・企業情報の適切な開示による透明性と個人・顧客情報の適正な管理を徹底する

■人権の尊重

・全ての人の人権を尊重し、人権・性別による差別や児童労働・強制労働を含む個人尊厳を損なう
 行為を禁止する
・従業員の資質が最大限に発揮できる、安全且つ衛生的な職場作りを推進する
 

事業を通じた貢献地域社会との共存共栄
グローバル人財の育成環境保全への取り組み


CSRレポート


2017

>>CSRレポート2017

>>GRIガイドライン対照表2017



2016

>>CSRレポート2016

>>GRIガイドライン対照表2016